NMS膝関節症研究グループ

サイトマップ
〒113-8603 東京都文京区千駄木1-1-5
TEL:03-3822-2131

おしらせ一覧

2017年09月08日
ホームページを立ち上げました
2017年10月9日
第45回日本関節病学会でメンバーの高橋、生田、渡部、正木が研究成果を発表予定です
2017年10月10日
第45回関節病学会ホームページはこちら
2017年10月17日
変形性膝関節症に対する膝回旋エクササイス臨床研究 現在までに32人の患者さんがエントリーされました。
2017年10月29日
 
空胴共振器を用いた世界で初めての臨床研究を開始しました。
2017年11月2日
新藤の論文が掲載されました。Improved deep thermal rehabilitation system with temperature measurement function using ultrasound images.Thermal Medicine 33(3), 2017
2017年11月16日
第45回日本関節病学会で正木の発表「変性性膝関節症保存加療における膝蓋下脂肪体の体積変化」が学会奨励賞を受賞しました。
2017年12月19日
県北臨床整形外科医会で高橋が特別講演「MRIによる関節症の病態解明と治療評価」を行いました(日本整形外科学会教育研修会)。
2017年12月22日
日本生体医工学会関東支部若手研究者発表会2017で市島泰人(明治大学機械情報工学系生体情報研究室・加藤和夫教授)の発表「超音波画像診断装置を応用した非侵襲体内温度計測」が優秀論文発表賞を受賞しました。
2018年1月31日
高橋の論文が掲載されました。Effective radiofrequency hyperthermia for treating cartilage in guinea pigs with primary osteoarthritis. Cartilage 9(1):71-79, 2018
2018年2月12日
国際医療福祉大学病院で8人の患者さんに空胴共振器による臨床研究を開始しました。臨床研究の様子は関連ブログへ
2018年2月15日
変形性膝関節症に対する膝回旋エクササイス臨床研究 現在までに36人の患者さんがエントリーされました。臨床研究を行っている稲波脊椎関節病院がテレビでとりあげられ大変混雑しています。待ち時間などご迷惑をおかけしております。申し訳ございません。
2018年3月14日
リエラント型空胴共振器による膝温熱療法の効果解析 現在までに12人の患者さんがエントリーされました。
2018年3月14日
高橋の論文が掲載されました。Bone morphological factors influencing cartilage degeneration in the knee. Modern Rheumatology 28(2):351-357, 2018
2018年3月16日
高橋のインタビューが掲載されました。インタビュー記事はこちら
2018年3月28日
関東ハイパーサーミア研究会で新藤の発表「深部温熱リハビリテーションを目的とした空胴共振器加温システムの人体脚部を用いた基礎加温実験 」が優秀発表賞を受賞しました。
2018年5月26日
第91回日本整形外科学会学術総会で高橋が「膝の軟骨変性に影響を与える骨の形態学的指標」を発表予定です。
2018年5月27日
第18回抗加齢医学会総会で高橋が「抗加齢のための新規膝関節深部加温システム開発」を発表予定です。
変形性膝関節症に対する膝回旋エクササイス臨床研究を行っている稲波脊椎関節病院の混雑が緩和してきました。内側半月板後節損傷を伴う初期変形性膝関節症の患者さんのエントリーを募集しています。週1回30分懇切丁寧な理学療法士指導によるリハビリを半年間おこなっていただけます。臨床症状、CT、MRI、キネマティクス解析で効果を判定します。
2018年6月12日
リエラント型空胴共振器による膝温熱療法の効果解析 現在までに21人の患者さんがエントリーされました。
2018年6月25日
東京医科歯科大学との共同研究論文がアクセプトされました。Identification of a critical far-upstream enhancer complex for cartilage-specific SOX9 expression. Developmental Cell.
2018年7月4日
慈恵医科大学との共同研究論文がアクセプトされました。Objective colorimetric evaluation of aging-related articular cartilage degeneration. J Nippon Med Sch 85(3)2018.
2018年7月21日
稲波脊椎・関節病院でMRIによる関節軟骨温度測定の研究を開始しました。
2018年8月1日
変形性膝関節症に対する膝回旋エクササイス臨床研究を行っている稲波脊椎関節病院の混雑が緩和してきました。内側半月板後節損傷を伴う初期変形性膝関節症の患者さんのエントリーを募集しています。週1回30分懇切丁寧な理学療法士指導によるリハビリを半年間おこなっていただけます。臨床症状、CT、MRI、キネマティクス解析で効果を判定します。
2018年8月24日
望月の研究がメディアに掲載されました。記事はこちら
2018年8月31日
リエントラント型空胴共振器による膝温熱療法の効果解析 現在までに22人の患者さんがエントリーされました。エントリーを一旦打ち切りました。
2018年9月1日
日本ハイパーサーミア学会で滝澤(東海大学情報理工学部情報科学部・黒田輝教授)が「スピン-格子緩和時間による膝関節軟骨の非侵襲絶対温度分布画像化の最適化 」を発表しました。。
2018年10月5日
12th Interventional MRI Symposium (ボストン)で滝澤(東海大学情報理工学部情報科学部・黒田輝教授)が「Optimization of noninvasive absolute MR thermometry for knee joint cartilage using T1 」を発表予定しました。
2018年11月10日
第46会日本関節病学会で原田が「関節軟骨加温のための新規深部加温システム」を発表しました。
2018年11月29日
正木の論文がアクセプトされました。Volume change in infrapatellar fat pad is associated not with obesity but with cartilage degeneration. J Orthopaedic Research, in press